収納グッズを買う前に用意しておくべき3つのもの

↓ しおりとして利用しちゃいましょう♪ ↓

「収納? 100均でテキトーに収納グッズ買えばいいんじゃねーの?」

残念ながら、それだとしっくりくる収納が作れません。

いらない収納グッズを買いすぎて、ゴミとして捨ててしまった経験、ありませんか?

 

収納グッズは行き当たりばったりでなく、きちんと計画を立てて買う必要があります。

そのために、ちゃんと道具を揃える必要があるんですよ~!

 

収納を作るのに必要な道具

DSCN0934

 

用意すべき道具は、以下の3つです。

  1. メジャー
  2. 電卓
  3. お金

3は汗水流して働いて手に入れなければいけませんが、それ以外は100均で簡単に手に入りますよ♪

これから具体的に説明しますね。

 

用意するもの1、メジャー

DSCN09343

 

メジャーを使うと、収納する場所の寸法を測ることができます。キチッと測ることで、収納グッズのムダ買いを防げるんです。

 

DSCN09282

 

例えば、棚の横幅が39cmであれば、38cmのボックスを買うとスッポリ入ります。

メジャーで測るのはちょっと面倒ですが、収納スペースの大きさを知ることが、収納の第一歩です。

 

用意するもの2、電卓

DSCN09342

 

上で書いたように、収納は数字との戦いです。できれば電卓も用意しておきたいところ。

 

DSCN0935

 

上の画像のような複雑な収納を作るなら、ある程度の計算は必須。

計算に自信がないなら、電卓も用意しておくと便利ですよ(^_^)

 

用意するもの3、お金

a0006_002418

 

収納グッズを買うために、ある程度お金が必要です。

100均で揃えるにしても、収納グッズを10個買えば1000円かかってしまいます。

無印良品とかで本格的な収納を作るなら、もっとお金がいりますね(^_^;

 

キッチリ測ることで、ぴったんこ収納

収納の基本は、とにかく測ること。

最初からピッタリ入る収納を作れば、お金を大幅に節約できますよ。

そのためにも、メジャーと電卓は用意しておきましょうね♪

 

 

関連記事

収納のやり方をまとめた記事はコチラ

その他関連記事

トップページへ



※スポンサード リンク





bana2_001

全記事一覧(目次ページ)はコチラ



040872

  • 名前:星月あんこ
  • 職業:派遣社員(フルタイム勤務)
  • 資格:整理収納アドバイザー2級
→詳しいプロフィールはこちら

ツイッターもあります。お気軽にフォローミー♪

→星月あんこ(@ankostar203)さん | Twitter




感想、意見、質問などございましたら、お気軽にコメントかメールして下さいね!


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ