中学生、高校生向け収納術、基本編2~通学用カバンの収納のしかた~

↓ しおりとして利用しちゃいましょう♪ ↓

098977

 

カバンを置く時は、ありのままの姿で置くのが一番です。

それは一体どういうことか? これから具体的に説明しますね。

 

カバンはちょい置きでオッケー

DSCN1102

 

カバンってつい、カッコ良く引っ掛けたくなりますが、私はその必要ないと思います。押し入れとかに入れると、取り出しにくくなるからです。

勉強や部活で忙しいのて疲れてるのに、キッチリ収納するのは大変ですよね?

通学用のカバンや部活で使う道具は、入り口やベッドの近くにそのまま置いておきましょう。

 

ちょい置きのコツは「決まった場所に置くこと」

ちょい置きのコツは、決めた場所にまとめて置くことです。カバンをベッドの隣に置くと決めたら、絶対にベッドの隣以外に置かないで下さい。

忙しいとつい、カバンを適当な場所に置きがち。

今日はベッド、明日は机、あさっては部屋のドアの近く・・・といった感じでバラバラに置いてしまうんです。

 

「あれ? カバンどこ~? ベットに置いてあるはずなんだけどなぁ~」

ベッドにあると思ってたら、実は机の近くにあったというのは、良くある話ですね。

 

「カバンは絶対にベッドの隣!」と決めとけば、朝バタバタしてる時も、カバンをスグに見つけられますよ(^_^)

ちょい置きするなら、毎回同じ場所に置くことを意識しましょうね♪

 

 

関連記事

中学生、高校生向け収納術シリーズはコチラ

その他関連記事

トップページへ



※スポンサード リンク





bana2_001

全記事一覧(目次ページ)はコチラ



040872

  • 名前:星月あんこ
  • 職業:派遣社員(フルタイム勤務)
  • 資格:整理収納アドバイザー2級
→詳しいプロフィールはこちら

ツイッターもあります。お気軽にフォローミー♪

→星月あんこ(@ankostar203)さん | Twitter




感想、意見、質問などございましたら、お気軽にコメントかメールして下さいね!


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ