収納グッズを効率良く買うなら必見!上手な寸法の測り方

↓ しおりとして利用しちゃいましょう♪ ↓

収納本や雜誌を読むと、「寸法をキッチリ測りましょう」というセリフを結構見かけます。

でも実際、寸法ってどうやって測るのか? 気になる人も多いでしょう。

なので、私が画像付きで詳しく解説しますね。

 

寸法を測る前にメジャーを用意しよう

DSCN09343

 

5mのメジャーを用意すると、スムーズに測れます。定規だと長さが足りなくなる可能性があるので。

メジャーは100均で買えますよ♪

 

参考記事

 

収納スペースの上手な測り方、基本編

DSCN09282

 

棚の横幅は39cm。棚の場合、内側の長さを測って下さい。

ただし、収納グッズは外側の長さで考える必要があります。それでも多少誤差がでるので、1cm引いた38cmの収納ボックスを買いましょう。

ピッタリ39cmで買うと合わなくなる可能性があるので(^_^;

 

DSCN09283

 

高さもこんな感じで、内側を測ります。目的は「目隠しをすること」なので、高さに関してはそこまでピッタリ合わせなくていいかと。

100均を使う場合、全ての寸法がピッタリ合う収納グッズはほぼ無いので、ある程度は妥協する必要があります。

 

DSCN0936

 

奥行きも忘れずに測りましょう。

 

収納スペースの上手な測り方、応用編

DSCN09352

 

このような収納を作る場合も、寸法を測ると作りやすくなります。

高さは16.5cmですが、目的は「目隠し」なので、中の収納グッズが隠れさえすればオッケー。16.5cmより低い収納グッズを買うといいでしょう。

縦幅は22cm。100均でたまたま、ピッタリハマるものを見つけました。

 

DSCN09353

 

横幅は32cm。なので、横幅13cmの収納ボックスを2つ買えば、

13 × 2 = 26cm

です。

26cmだとすき間ができてしまいますが・・・ここも妥協するしかありません(^_^; すき間にも何か小物とかを入れちゃいましょう。

完璧を求めすぎると、いつまでたっても収納が完成しませんよ。

 

頭を使って、賢く収納しよう

せっかくの休みの日なのに、収納作りに頭を使うのは嫌ですよね?

でも、最初だけ頑張ってやれば、これからずっと快適な生活を送れますよ(*^_^*)

面倒だけど、収納グッズは測って買いましょうね♪

 

 

関連記事

100均の収納まとめはコチラ

その他関連記事

トップページへ



※スポンサード リンク





bana2_001

全記事一覧(目次ページ)はコチラ



040872

  • 名前:星月あんこ
  • 職業:派遣社員(フルタイム勤務)
  • 資格:整理収納アドバイザー2級
→詳しいプロフィールはこちら

ツイッターもあります。お気軽にフォローミー♪

→星月あんこ(@ankostar203)さん | Twitter




感想、意見、質問などございましたら、お気軽にコメントかメールして下さいね!


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ