100均で迷ってしまうあなたに。収納ボックスの選び方

↓ しおりとして利用しちゃいましょう♪ ↓

100均に行くと、たくさんの収納ボックスを見かけます。

でも、たくさんありすぎて、何をどう使えばいいか? 迷う人も多いはず。

そんなわけで、これから100均で売られてる収納ボックスについて語りますね♪

 

浅型と深型の違い

収納ボックスは2種類あります。浅型と深型です。

 

DSCN1049

 

浅型とは、上の画像のような浅い収納ボックスのこと。

 

DSCN0966

 

そして深型とは、棚を覆い隠すような、底が深い収納のことです。

 

浅型の特徴はモノを取り出しやすいこと。深型の特徴は目隠しができることです。

例を挙げて解説しますね。

 

DSCN1050

 

例えば、これも浅型収納ボックスです。これだとモノをパッと取れますよね。

ただし、入れ方次第では、中身がゴチャーっとしてしまいます。見た目良く収納しないといけませんね(^_^;

 

DSCN0966

 

一方、深型は中身が見せないのが特徴です。

中がゴチャーってしてても、外から見るとスッキリして見えます。お客さんが来るときに使えますね。

でも、モノを取り出しにくくなってしまうのが難点。普段あまり使わないモノを収納するといいでしょう。

 

浅型と深型を使い分けて、効率良く収納しよう

浅型と深型の使い分け方はこんな感じ。

  • 普段良く使うモノ = 浅型
  • たまにしか使わないモノ = 深型
  • お客さんに見せたくないモノ = 深型

上手く使い分けて、収納上手を目指しましょうね(^_^)v

 

 

関連記事

100均の収納まとめはコチラ

その他関連記事

トップページへ



※スポンサード リンク





bana2_001

全記事一覧(目次ページ)はコチラ



040872

  • 名前:星月あんこ
  • 職業:派遣社員(フルタイム勤務)
  • 資格:整理収納アドバイザー2級
→詳しいプロフィールはこちら

ツイッターもあります。お気軽にフォローミー♪

→星月あんこ(@ankostar203)さん | Twitter




感想、意見、質問などございましたら、お気軽にコメントかメールして下さいね!


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ