最初からキレイな収納を目指してはいけない2つの理由

↓ しおりとして利用しちゃいましょう♪ ↓

※画像のリンク先はAmazonです

 

インテリア雑誌のようなカッコイイ収納、憧れちゃいますよね(*^_^*)

あなたが持つ「収納ができる人のイメージ」は、家具や小物をセンス良く配置できる人だと思います。

 

でも、収納がデキる側に入ってる人間の私が、有り合わせのモノを使って頑張った結果がコチラです。

 

 

DSCN1214

 

 

シンプルモダンとは程遠い、しょぼい収納です(笑)

なぜ、こうなるのでしょうか? これからその理由について書きますね。

 

キレイな収納には、高いお金とインテリアのセンスが必要

雑誌のような収納を目指すなら、お金とセンスが必要です。

 

DSCN1075

 

このファイルボックスなら、4つ揃えても400円で済みます。

でも、無印良品のポリプロピレンスタンドファイルボックスA4用を4つ揃えると、2800円かかります。

何と! 7倍です(^_^;

別に、100均がいいとか、無印良品がいいとか言いたい訳じゃありません。

ただ、カッコイイ収納にするなら、それなりにお金がかかることは覚えておいて下さいね。

 

また、カッコイイ収納にするには、素材や配色にもこだわる必要があります。インテリアセンスってやつですね。

残念ながら、私にはインテリアのセンスがないので、しょぼい収納でガマンします(笑)

 

最初のうちは、カッコ良さを目指さないのが一番

有り合わせのモノを組み合わせるだけでも、それなりに使いやすい収納はできますよ♪

収納に慣れてきて更なる高みを目指したいなら、無印良品などの高いモノを使うといいでしょう。

 

 

関連記事

私の収納に対する考え方はコチラ

その他関連記事

 

トップページへ



※スポンサード リンク





bana2_001

全記事一覧(目次ページ)はコチラ



040872

  • 名前:星月あんこ
  • 職業:派遣社員(フルタイム勤務)
  • 資格:整理収納アドバイザー2級
→詳しいプロフィールはこちら

ツイッターもあります。お気軽にフォローミー♪

→星月あんこ(@ankostar203)さん | Twitter




感想、意見、質問などございましたら、お気軽にコメントかメールして下さいね!


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ