キチッと区切られた細かい収納をやっちゃいけない1つの理由

↓ しおりとして利用しちゃいましょう♪ ↓

多くの人は、キチッとしてて、細かく区切られた収納を目指します。

でもこれだと、逆効果になることもあるんです(^_^;

 

細かすぎる収納は、取り出しにくさの原因になる

なぜなら、雑誌のような細かくてカッコイイ収納を作ると、使いたいモノが取り出しにくくなってしまうからです。

良く見かけるのが「引き戸の中に、中身が見えない箱が入れてあり、ラベルが貼ってない収納」・・・これはマズい!

一体なぜマズいのでしょうか? これから解説しますね。

 

ミッション:電池を探せ!

DSCN1122

 

さて、私は今から、電池を探す旅に出ます(笑)

 

DSCN1123

 

この棚の中のどこかに、電池があるはずだ!

 

DSCN1124

 

一番下ではないようだ。

 

DSCN1126

 

2段目にもないようだ。

 

DSCN1127

 

ということは、一番上にある箱の中かな?

 

DSCN1128

 

どーれ、引っ張り出しますか。よっこらせっと。

 

DSCN1129

 

箱の中身はこんな感じ。一体どこにあるんだ?

 

DSCN1130

 

白い箱の下に、黒い箱を発見! もしかしたら、この中にあるかも・・・!?

 

DSCN1131

 

箱の中身はこんな感じ。電池はまだ見つかりません。

 

DSCN1132

 

お? ようやく電池らしきものが見えてきたぞ!

 

DSCN1133

 

 

後は、この袋の中から電池を取り出すだけ!

 

DSCN1134

 

ふぅ。やっと取り出せました~(^_^)

そして、必要なモノを取り出した後は、収納を元に戻さないといけません。写真を撮るのが面倒になったので、戻す所は割愛しますね(笑)

 

以上。細かすぎる収納が取り出しにくい理由でした。実験のために、わざと宝探しのような収納を作りましたよ(笑)

元に戻すのが大変だ・・・(^_^;

 

収納は「必要最低限のスッキリさと使いやすさ」があれば十分

DSCN1126

 

某雑誌にこんな言葉があります。

「仕事で疲れて帰ってくる旦那さんのために、カバンは置くだけの収納でオッケー。」

「子供が片付けられる、ざっくり収納がオススメ」

「片付けが苦手な旦那さんに合わせて、ざっくり収納にしましょう。」

 

どんだけ上から目線なんだよ!!

 

もう全部、ざっくり収納とやらでいいんじゃないすかね(笑) 片付けや収納が下手な人でなくても、雑誌の収納は細かすぎて使いにくい!

そんなわけで、むやみに雑誌のマネをせず、自分が使いやすい収納を作るのが一番大事だと思います。

 

 

関連記事

私の収納に対する考え方はコチラ

その他関連記事

トップページへ



※スポンサード リンク





bana2_001

全記事一覧(目次ページ)はコチラ



040872

  • 名前:星月あんこ
  • 職業:派遣社員(フルタイム勤務)
  • 資格:整理収納アドバイザー2級
→詳しいプロフィールはこちら

ツイッターもあります。お気軽にフォローミー♪

→星月あんこ(@ankostar203)さん | Twitter




感想、意見、質問などございましたら、お気軽にコメントかメールして下さいね!


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ