本の収納術、基本編5~読みかけの本をベッド下にちょい置き~

↓ しおりとして利用しちゃいましょう♪ ↓

ベッドでゴロゴロしながら本やマンガを読む。まさに至福の時間ですね(*^_^*)

読んだ後そのまま、枕元にポンと置いて寝てしまう人も多いのではないでしょうか。

 

部屋のキレイさを保つための基本は「使ったモノを元に戻すこと」です。

でも、ベッドと本棚が離れてる場合、わざわざベッドから出て本棚に戻したくないですよね? 分かります。

それならば、ベッド下に本のちょい置きスペースを作っちゃいましょう♪

 

ベッド下に読みかけの本を置こう

DSCN1221

 

本棚まで行きたくないあなたにオススメなのが「ベッド下に本をちょい置きする収納方法」。

上の画像のようなカゴを使って、本の一時置き場を確保しましょう。

そうすれば、わざわざ本棚まで移動しなくて済みますね♪ 続きを読む時も楽チンです。

 

カゴが一杯になったら、古い本を本棚に戻そう

DSCN1222

 

ただし、こんな感じでカゴがパンパンになってきたら、読んでない本、古い本から本棚に戻していきましょう。

カゴに入れる本は1~2冊が目安です。これ以上増えると取り出しにくくなるので、注意して下さいね。

 

 

関連記事

本、マンガの収納術はコチラ

その他関連記事

トップページへ



※スポンサード リンク





bana2_001

全記事一覧(目次ページ)はコチラ



040872

  • 名前:星月あんこ
  • 職業:派遣社員(フルタイム勤務)
  • 資格:整理収納アドバイザー2級
→詳しいプロフィールはこちら

ツイッターもあります。お気軽にフォローミー♪

→星月あんこ(@ankostar203)さん | Twitter




感想、意見、質問などございましたら、お気軽にコメントかメールして下さいね!


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ